« 奥日光 初夏 | トップページ | 標津にて »

2004年6月15日 (火)

県民の日

今日は県民の日なので古賀志山に行って来ました。
いきなり、5本目をクリックした上から4m程のフォール。
たまたま目に付いたアンダーを右手で取り、左手を上に伸ばしフォールドを掴んだと思った瞬間に指が滑ってしまいました。
 あっ と言う自分の声と共に自分が落ちているのが良く分りました。
ただ視界には何も無く気がついたら宙吊り状態です。
下を見るとお母さんがポカーンとした顔でロープを握り締めていました。直ぐに登り返し終了点へ、悔しいのでもう一度下からトライ。
どこで落ちたかって? 言えません、恥ずかしくて。普通のクライマーは落ちないところであります。
今日の収穫 次女5歳と長女9歳が不動滝左奥フェースの一般ルートを登りきったことかな。長女は降りてきた時に怖さの余り涙ぐんでいました。次女は終了点で大声を上げながら景色を楽しんでいました。
右フェースを登っているとき、不動滝の方から尺八?で 夏の思い出 を吹くのが聞こえて来ました。多分ハイカーのおじいさんだと思います。いいものを聞かせていただきました。
暑い一日でした。

|

« 奥日光 初夏 | トップページ | 標津にて »

あしたはきっと・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148342/6650602

この記事へのトラックバック一覧です: 県民の日:

« 奥日光 初夏 | トップページ | 標津にて »