« 忍者返しに矢張り返される | トップページ | 出稽古 »

2006年2月11日 (土)

まっちゃん忍者返し完登おめでとう!

先週の忍者返しで自分としては限界を感じ、そこで気持ちに一区切りつけていた。そんな時に届いたまっちゃんからのメール、 悔しいので今週末御岳行きませんか~ それを読んだ瞬間ドキドキが再発してしまった。頭の中が忍者返しで一杯になりムーブを考えはじめる。解決策はない。とりあえず、今回はまっちゃんに完登してもらおう。

約束の時間よりも30分早く現場に到着したのでお母さんとマミ岩でアップすることにした。マットを広げていると忍者返しの岩の方からまっちゃんが登場、早速一緒に始める。先週の着地で痛めた右足首は多少痛みと違和感があるものの調子はまあまあ。6級1撃 4級1撃 3級2撃 3級のSD2級完登 しかし、今日は凄い人たちが来ている。忍者岩には保科宏太郎氏が。自分達がマミ岩をやっている間は小山田氏が直ぐ裏の遊歩道を行ったり来たりしていた。

我々も忍者岩へ移動、大勢のクライマーで賑わっていた。保科氏の蟹亀返し4段-は素晴らしかった。流れるようなムーブで見とれてしまう。DSC_0041 そんな雰囲気の中で自分も忍者返しに取り付くのだが、1回目緊張のせいか左指がツルっと滑って背中から派手に落ちてしまった。目が醒める。二回目は順調にクラックの下まで、左手でクラックをとるムーブを試してみたがダメ。その後まっちゃんは2回目で忍者返しを完登。微妙なバランスで核心を越えていった。周りのクライマーみんなが応援しスポッターをしてくれる。暖かい拍手が沸き起こり一種感動的なものがあった。DSC_0051 DSC_0053 まっちゃん忍者返し完登おめでとう。

自分の3回目、今度はクラックに指が入ったが、やや浅い。しかし、今まで無理だろうと思っていたクラックが近くに思え感触もつかめたのだが時既に遅し。その後はスローパーからの中継が出来ない。やけに足が滑る気がしたし、またまた疲れてしまった。同じような境遇の大学生と話が盛り上がってお茶を濁す。もう少し長いスパンで考えよう。ってことで少しまだ時間があるので移動することにした。

何となく遊歩道を上流側に歩いていくと数人のクライマーが何かをしていた。小山田大氏等のグループで新しいプロジェクトの邪魔になる岩を人力で移動しているところだった。DSC_0066 無理やり我々も手を貸してしまう(少しだけ)。そこの奥にはつるつるにしか見えない傾斜のきついルーフが・・・。開拓ってのは大変なんだな~。自分達は用事があって15時にその場を後にしクライミングは見られなかったが、折角なので帰り際に小山田氏・保科氏・社長さんに握手を強要 なかなかゴツイ手だった。家に帰り小山田氏のブログを覗くと先ほどのルーフを登っている画像が・・・タナトフォビア4段-初登 とのこと。見たかった。

|

« 忍者返しに矢張り返される | トップページ | 出稽古 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

まっちゃん、おめでとうございます。なんか、チョビ涙でたよ~。感動~。今度はお父さんがヤルからスポッターお願いします。
お父さん、次はやっちゃって下さい。

投稿: お母さん | 2006年2月12日 (日) 16時25分

ごっつぁんです
最後のムーブは根性でした。(記憶が無い)
もう一回登れたとしても、きっと違うムーブになると思います。
初の名前付き1級感激です。

投稿: まっちゃん | 2006年2月15日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148342/8614388

この記事へのトラックバック一覧です: まっちゃん忍者返し完登おめでとう!:

« 忍者返しに矢張り返される | トップページ | 出稽古 »