« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土)

M-WALL完成

200604290859000 師匠宮ちゃんのPW完成 壁の裏側は収納スペースになっているそうです。ホールドは銚子石? 家の中に壁があるのはやっぱりいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

26日黒檜岳P4260009 P4260020 P4260021残雪とアイスバーンが想像以上、かなりの時間を費やして登頂。が、そこから目的地を探すのに苦労する。残雪が多いことと山頂が縦走路から外れた位置にあったため。 P4260037

P4260043

        27日袈裟丸山方面P4270045 P4270049_1 雨の中を歩くのは辛い。脆そうだがボルダリング出来そうな岩が沢山あった。脆くて出来ないと思うけど。                                      

P4270053

田沢奥山・かなりマイナーな山だと思うが、こういうのを好んで登る山屋もいるらしい。

28日社山方面P4280055 P4280071 P4280073装置の故障で2度登る。予定外だが、今日は絶好のハイキング日和。眺めはいいしちょっと満足。しかし、稜線上の笹や岩、木々の表面がペンキをたらしたように黒くなっている部分が広範囲にあったがこれは一体何?P4280078

  他にもあっちこっちに行ってとにかく疲れた3日間だった。黒檜岳は久し振りに登山をしたなあと言う感じで楽しかったが、体力と精神を消耗し以降の行程に疲れを残してしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

午前中は雨

午前中は雨の中、袈裟丸山方面に登り、午後は田沢奥山に登頂。かなりマイナーな山だ。その後次の目的地へ〜さすがに自分も篠ちゃんも疲れた。明日は社山方面へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

黒檜岳登頂

黒檜岳登頂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

御岳/すべり台

土曜日、御岳小橋エリアで皆と待ち合わせ、何となくすべり台岩ではじめる。最初から疲れている感じなのでウォーミングアップは10級と10級のNHで、しかし、Dsc_0002NHもなかなかに面白く笑えた。    6級をやった後はトラバース3級を皆で打ち込み。これもなかなかに面白い。   Dsc_0066Dsc_0071Dsc_0060 同じ面の6級をまっちゃんがSDではじめたので便乗したが、スタートの時にぬめりで指が滑りしこたま岩に左手を叩きつけてしまい、 Dsc_0074転がりまわる程の痛みで薬指を痛めてしまった。2級~3級くらい? 核心はスタートから次の一手だけなのだが、上のガバをややランジ気味に取ろうとする時に指が滑ってしまうと痛い目にあってしまう。    途中で直ぐ後ろにあるオーストラリア岩のモンキーカンテ4級をやってみた。みるからにつるつるで、取り付いてみると矢張りつるつる。足も手も良く滑る。何度かやった時、やや焦りを感じてしまった。Dsc_0048登れる気がしないのだが、ちょっと冷静に考えてみると・・・。Dsc_0056_1分かってしまうと割と楽に登れてしまった。足の置き方と力の方向でつるつるのカンテもガバに変わった。 パズルのようで面白かった。    最近、お母さんも登れなくてもそれなりに頑張れるようになったかな? Dsc_0078  Dsc_0079_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

似顔絵

今週は疲れた~のでこの絵を見て癒されてください。

じゅんじゅんといむちゃんの似顔絵公開「junjun.bmp」をダウンロード 「imu.bmp」をダウンロード みちくさにもアップしました。ところでお父さんの絵は描いてくれないのか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

久々の山のぼり

P4180018 P4180023 P4180024 月曜日から水曜日にかけては、篠ちゃんと栃木・群馬の県境付近の山中を彷徨い歩く。ちょっと大袈裟か? しかし、一般の登山道はいいとして作業道は地図から探し出すのは難しい。与えられた地図もいい加減なところがあってまるで宝探しのようだ。P4170004 P4180012 ところで、そんなところで何やってんの~って思うでしょ・・・。この写真見て遊びには見えない筈?  自分としては昨年夏家族と登った木曽駒ケ岳以来の山登り、心配したとおり辛い目にあった。が、山歩きは順調に行けば矢張り楽しい・・・のだが、来週は千手ヶ浜から黒檜岳に登らなければならない。中禅寺湖越しに見たその山にはまだ残雪が多く思われた。このままでは今流行の中高年 昔とった杵柄登山 になりかねない。安全第一・命はひとつ・仕事より自分に思いやりを・御安全に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

金次郎

今日、千葉県の府馬小学校に用事があって立ち寄った際、校門の横に二宮金次郎を発見。P4120002 つい嬉しくなってパチッ、地方では珍しくもないのかも知れないがなかなかこの辺では見られない。

次女作 似顔絵公開 今回はみやちゃんとまっちゃん

「miyatyan.bmp」をダウンロード 「matu.bmp」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

御岳

  Dsc_0020_1 珍しく日曜日に御岳。一足早く着いたので、ファットブロッカーを打ち込む。本日の成果は、右上のホールドをとり左のアンダーからピンチに持ち替える、この部分の確立が上がったことと、ここから右足を少し上げてから少しだけ体を浮かせることが出来たこと。前回は岩に張り付くのが精一杯だったが、体を浮かせたときにとるべきホールドが見えた。が、手は出なかった。多分、左足の処理の問題かと・・・。遅々とした感じだが、進歩は進歩か?          お母さんはカンテ4級を頑張る。殆ど完登かと思われたが・・・。   じゅんじゅん(ほんまちゃん)は前回の宿題、2級のラインを数撃で完登する。      午後は、デッドエンドを通り過ぎ中洲ボルダーへ。ここもデッドエンド同様先客が沢山いたが、一緒にやらせていただく。課題の説明も色々としてもらった。ここにこんなにクライマーが集まるのは珍しいらいしい。Dsc_0022とりあえず、レインボーハング4級(カンテなし)をはじめるが、なかなかに厳しい。数撃で登れるも自分としては既に一杯一杯の感じ。まっちゃんはジャンピングフック1級をはじめていた。自分も混ぜてもらうが登れる気がしない。ところが、まっちゃん数撃で完登してしまった。不思議に手が良く伸びる。引付が強く見事だった。Dsc_0030その後頑張ってみるが、あともう少し というところで力尽きる。ホールドをつかみDsc_0031かけたのだが、もうヨレヨレ状態。 まっちゃんとじゅんじゅんはレインボーハングのバリエーション、上部トラバース2級も完登する。 Dsc_0045

しかし、登りかけの課題が増えてきてしまった。忍者返し・ファットアタッカー・ファットブロッカー・ラブタッチ・ジャンピングフック・・・・・・・。この状況をどうみるか? 自分のレベルとしては登れる課題を数多く登るのがいいのか、ある程度絞って打ち込むのがいいのか、どうなんだろう。少し疲れもあって、   良く歳を言い訳にするのだが、何か自分の身体能力の限界なんじゃないかって思えてきた。それでも少しは進歩しているとは思うし、ファットブロッカーは3年掛けても登るのだと決めた。      発電所エリア駐車場のトイレでミストラルで顔見知りのお兄さんに声を掛けられた。みんな、頑張ってるんだなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

疲れた~

本日、御岳ピンチオーバーハングへ・・・。その後中洲ボルダー。ヨレヨレだ~。でもまっちゃんとほんまちゃん(以下、じゅんじゅん)は凄いね。成果だしました。今日は疲れてしまったので詳しくは後日ということで。先週ラブタッチで痛めた左肩と穴の空いた各指がいたいっ。

ところでわが師匠宮ちゃんのプライベートウォール作成中の画像です。200604091418000 さすが宮ちゃんです。部屋の中に本格的な壁が出来上がりつつあるようです。弟子の権限で勝手に公開させていただきました。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

恐るべし ラブタッチ

今日は天気がいい・・・急遽笠間へ。ハングマン2級の辛さを思い出しながらヒップ岩の裏側へまわり、6級(チョックマン)、7級、8級をやってみる。矢張り、グレードの割には難しく感じた。Dsc_0001   直ぐ上のワシントン倶楽部へ、ジャンプ倶楽部5級をやってみる。ついでにワシントン倶楽部2級を暫く打ち込む・・・が・・・。Dsc_0003_1Dsc_0013_1

諦めてラブ岩へ移動する。ミストラルで何度か会ったことのある栃木のお姉さんがいたので、ラブタッチ3級を一緒にやらせてもらった。お姉さんはラブタッチを登るために5回目の笠間とのことだが、なるほど実際にやってみてその価値はあるなと納得。そして、お姉さんは見事完登、自分はと言えば、まずスタートがなかなか出来ない。お姉さんとお姉さんの知り合いで開拓もされている方に色々アドバイスを頂く。結局自分は右手はアンダーからのスタートで割りとスムーズに離陸できるようになった。両手で岩をパンパンと叩きながら抱きこむように手を上げて行き、左足を結晶に乗せ、右足を上げるところで落下。右足で立ち込めれば何とかなるのだが、同じことを何度か繰り返してしまう・・・。しかしこの岩、指に穴が空くのは辛い。気がついてみると、右手の人差し指・中指・薬指、左手の中指に穴が空いて血が出ている。他の3本の指もあと数回やったら穴が空くだろうなという感じになってきた。流石にこれ以上の指の穴は一般生活にも支障をきたしてしまうので、悔しいが終わりとする。お姉さんの指にも沢山の穴の痕があった。    パワーを使うわけでもなくやや消化不良の感はあるが、おかげさまで良い経験をさせてもらった感じ。 しかし、そのうち必ずこのラブタッチはのぼりたいなあ・・・。恐るべしラブタッチ、恐るべし、笠間。スラブは苦手だあ~Dsc_0020  そう言えばラブタッチの写真がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »