« テニス肘その後 | トップページ | »

2007年3月23日 (金)

実は、やってしまった。20日の夜トレーニングしていて左薬指の前腕の指屈筋故障。やけにその夜は調子が良かったのだけど、返ってそう言う時に怪我はし易いのかも。  変に極端なクロスムーブで左手でフランクリンのポケットをとり、右手で遠目の細かいホールドをとりに行ったらその指がスリップ、続いて左手ポケットの指が耐え切れずにスリップして落下。その後二日くらいは小指のラインも同じように痛みがあったが、こちらは大したことはなさそう。丁度3年前、名古屋のジムでクライムダウンした時に同じフランクリンのホールドで右手中指と薬指の前腕屈筋を痛めたことがあった。接骨院の先生には 何本か切れてるかも と言われ、完全に痛みがなくなるまでに半年くらい掛かったような気がする。今回もほぼ同じような症状だから何本か切れてる? この怪我は不思議で、今は普通に生活していれば殆ど痛みは無く、指先を掛けて押し当てるようにすると耐え難い激痛が走ると言うもの。このごろは大分テニス肘の具合も良くなったと言うのに、一難去ってまた一難だ。しかし、こんなことではやめられないぞー。

|

« テニス肘その後 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148342/14364737

この記事へのトラックバック一覧です: :

« テニス肘その後 | トップページ | »