« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

2008年3月

ちびを鍛える。

Dsc_0021 とは言ってもちびは勝手に登る。

Dsc_0030 ヒールフック

Dsc_0032 少しずつ力は付いてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

2003年3月みの字壁

仕事で師匠である宮ちゃんの家の近くまで行ったのでちょっとお邪魔する。

Ca340013 壁を前にして素通りは出来ない。

Ca340016 壁の面積が広がり、ホールドの数も増えていた。宮ちゃん設定の40手はボルダラーの自分には到底無理、次回訪問時に持ち越します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

2008年3月ライノ&バード

西日暮里のボルダリングジム・ライノ&バードへ行ってみる。Cimg2251

Cimg2263 久し振りにまっちゃん・じゅんじゅんとメンバーが揃った。

Cimg2266 そしてクライミングデビューのきたさん、意外と突っ込む。

Cimg2272 ルーフを登るまっちゃん。

Cimg2275

Cimg2278 3~4級課題を登るじゅんじゅん。

Cimg2281 適当に登ってるバンビ。

今日は時間を掛けて兎に角良く登った。緑テープの課題(3~4級)はほぼ制覇、青テープの課題(1~2級)も一つ登らせてもらう。簡単な課題をつなげてみたり、サーキット的にやってみたりでくたくたになる。

Cimg2259 お母さんも頑張ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

2008年3月卒業式

Dsc_0262 でかねぇちゃん、本日卒業式。6年間あっという間だったな。とりあえず、「でかねぇちゃん、卒業おめでとう」 卒業アルバムの自由書き込み欄に 「一緒に卒業できて良かったね」 というのがあった。小学生の癖に危なかったのかなぁ、卒業。

Dsc_0017 中学の3年間もあっという間に過ぎるのだろうな。

光陰矢のごとし、これからも老化との戦いだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

2008年3月9日

Dsc_0002 昨日のふきのとう・・・無事料理された。

本日は自宅ウォールでトレーニング。Dsc_0022 ちびも少しだけ参加する。昨日の大日山ハイキングで見も心もリフレッシュされたためか調子はいい。Dsc_0025 淡々と課題をこなす。後半はアレルギーの薬のせいか眠くなってしまってしばし意識を失う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

2008年3月房総 大日山

今回は篠ちゃん・ありすとさんたちの房総の山 大日山ハイキングに参加させて頂く。

Dsc_0015 ふきのとうを採りながら林道を歩く。

Dsc_0032 坊滝でおにぎり休憩。

Dsc_0042 一行は大日山を目指す。

Dsc_0051 大日山山頂333.3m でかねぇちゃんも中学生になったらなかなか山でこんな風に家族写真は撮れないかな。

Dsc_0052

大日山山頂からの眺め、海が光輝く。

Dsc_0061 今日一緒に登ったなかまたち。老若男女総勢12名。小さい子供たちも元気に楽しそうに歩いた。

Dsc_0070 子供たちは色々なものに興味を示す。

やや肌寒かったものの上々の天気で絶好のハイキング日和だった。小さい子供たちが楽しそうに歩いているのを見るのも面白いし、時には大勢でのんびりと山を歩くのもいいものだと思った。

みなさん色々とお世話になりありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

2008年3月ミストラル

矢張りルートもやらなきゃ と言うことで本日ルート初心者となる。5.7から恐る恐る始め、10aまでの6本をとりあえず登る。最初はクリップ動作がストレスに感じられ登ることに集中できなかったが、少しずつ慣れてきたみたい。だからどうしたって話もあるが、最初はこんなものだろう。ついでにルーフの11aも登っておいた。しかし、明らかに自分よりも年長の方々が延々とルートをやっているのは凄い。

Dsc_0003 ちびはスラブと垂壁のトップロープで「手足自由」ではなくて、「足自由」の5.7~5.8くらいがやっと登れるようになった。

その後すっかりホールドの入れ替わったボルダーへ。ルートをやっているときはあまり感じなかったが慣れないことをやったせいで疲労が蓄積していたみたいだ。それでもロープが無いだけ自由に体を動かせるような気がした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »