« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

2008年7月水元公園

早起きして水元公園へDsc_0017 Dsc_0005

しばらくはリードにつながれていたモカだが、

Dsc_0016 原っぱを走りまくる

Dsc_0044 ほかのわんちゃんたちと走りまくる

Dsc_0010 最近いつも留守番だったモカ、かなり息があがっていた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

2008年7月ミストラル

Cimg3001ミストラル、ちび今日はお母さんのビレイで登る。

長い目で見てやらねば・・・Cimg3008

Cimg3010

Cimg3011 ボルダーになると割と元気になるちび。

Cimg3016 でもあまり進歩はしていないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

2008年7月習志野市東部体育館

Cimg2981ちび、昨日の疲れで明らかにやる気の無いクライミング。まぁ仕方ないか。

Cimg2984少し長い目で見てやるぞ。

Cimg2988 ここに来ると必ず頭痛に襲われる。(とは言ってもまだ3回目だけど)今日は多分風邪のせい。おまけに火曜日から突然痛み出した右足親指付け根からの腫れと痛みがひどくて、と今日も一杯言い訳があってやる気はなかった。でもちびもやる気ないし、人が少なくて壁が空いてるし、未だ6時だし、と言う事で突然自分もやりたくなってしまった。バファリン2錠をお母さんから貰って万が一の為に鞄に入れておいたハーネス・シューズ・チョークバッグを取り出す。10b1本、11a2本をやらせて頂いた。上部の可動壁が子供用に起こしてあるので?でも可動壁が短いからかぶらせても大人には殆ど影響ないかな?と、調子が出てきたところで終了。やり始めると面白くてもっと登りたくなる。気のせいか、足の痛みも取れてきた。と言うよりは薬が効いてきたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

2008年7月海水浴

家族全員が楽しめるレジャー、ということで、でかねぇちゃんの部活を休ませて5年ぶりの海水浴へ。

Dsc_0004 到着すると直ぐに海へ飛び込む姉妹。

海に行く予定は全然なかったのに浮き輪を買ってしまったちび。(それを見て今年は行かないとまずいかなぁーと思っていた)Dsc_0029

Dsc_0033 お父さんにはなかなか二人とも浮き輪を貸してくれない。

Dsc_0056 あまり乗り気じゃなかったでかねぇちゃんだが、

ちびねぇちゃんもずーっと海に入りっぱなしでDsc_0061 あがってこない。

久しぶりのふつーのレジャーもなかなか楽しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

2008年7月

Dsc_0003 壁の有効利用、ぶらんこと漫画の立ち読み

昨日はお母さんと映画 クライマーズ・ハイ を見に行った。勿論クライマーと言う題名とか、クライミングシーンを期待して見に行った訳ではない。あの事故の翌日は学友と奥多摩の馬頭刈尾根、つづら岩にいた。岩遊びの合間にラジオで事故の模様を聞いていた。当時所属していた山岳会の先輩は奥多摩の氷川キャンプ場でダッチロールする黒い機体を見ている。とにかく暑い日だった。それはともかく、映画の中のクライミングシーンは中途半端過ぎて余計なような気がする。話としては面白いのだが・・・。

Dsc_0017 で、今日はお盆。お迎えの提灯。

Dsc_0026 こういう行事は生きている人間にとっても大事にしたい。

今年は4つのうち2つの提灯が消えてしまった。Dsc_0031

Dsc_0081 お盆恒例の花火。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

2008年7月クライミング飛鳥

Cimg2956 昨日は宮ちゃんと6月6日同様奥秩父の入川から十文字峠方面へ、柳小屋のちょっと手前まで登る。予想に反して天気は良くなり湿度は高く汗だらだらの一日となった。

Cimg2966 下山してきて、赤沢谷出合附近。

Cimg2969 昨日の疲れが残っていたが、千葉のジム、クライミング飛鳥へ行ってみる。

Cimg2974 暑さの為か、余りやる気の無いちび。でもジムの人に色々と教えて頂いた。親の言うことは聞かないから非常にありがたい。お父さんは汗でズボンがお漏らし状態。疲れのためなのか、暑さのせいなのか、課題は難しく感じた。4級を7本完登が精一杯で、汗だらだら息ぜいぜい。最後は右手中指がホールドでぱっくり、と言うことで撤収。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »