« 2010年9月18日BaseCamp | トップページ | 2010年9月23日ミストラル »

2010年9月19日 (日)

2010年9月モカ散歩

大分涼しくなってきたので、モカと上本郷の七不思議を5/7を散歩する。

自宅を出て安房須神社横の竹林を抜け水戸街道へ出る。街道を上ると直ぐ左手に、

Cimg1190 首斬り地蔵がある。(龍善寺境内)1864年佐幕派(幕府側)の水戸藩士佐藤久太郎が同じく水戸藩の尊皇派の藩士に捕らえられて首を斬られてしまった。この地の村民が哀れに思い地蔵を建てたもので昭和9年龍善寺建立工事の再に藪の中から発見された。(小学生の時に読んだ「首無し地蔵の宝」を思い出すなぁ、好きな物語で繰り返し読んだっけなぁ)

Cimg1191 村民は地蔵を建てたが首がなくなった。新しい首をつけてもまたなくってしまうというお話だ。この話は七不思議ではなく・・・七不思議①官女の化け物 龍善寺附近?の雷(いかづち)山に神社があり(雷神社)真っ赤な袴をはいた官女の化け物が夜な夜な現れた。

Cimg1193 水戸街道を更に登り本覚寺方面へ細い坂道を登る。七不思議② ゆるぎのまつ 樹齢200年の松(大正末期に枯れてしまった)で幹を撫でるとグラグラとゆれて動いた。名づけは水戸黄門と伝えられる。 七不思議③ 富士見の松 本覚寺の南に大きな松があった。その枝は富士山の見える西に向かって延びていたため富士見の松という名がついた。

Cimg1195 本覚寺を抜け坂を上ると本福寺に出る。七不思議④ 斬られ地蔵 昔、覚蔵院というお寺(今はない)で盆踊りがあった。このあたりでは見かけない男が突然上手に踊りだし娘達の注目を集めた。面白くなく思った村の若者がその男に斬りつけたところ、男は煙のように消えてしまった。翌朝お寺の境内にある地蔵の胸には生々しい刀の傷があった。現在覚蔵院はなく、斬られ地蔵は本福寺に移されている。けど見たことはないので写真もない。

Cimg1196 本福寺前には首斬り地蔵の佐藤久太郎について碑がたてられている。「元治元年七月二十七日 真然證空信士 水戸藩佐藤旧太郎 当村ニテザン首セラル 本福寺過去帳」  

本福寺右の井戸坂を下り、カンスケ井戸へ。(かつては飲料や農業用水として使われた)

Cimg1199 カンスケ井戸で水を飲むモカ

坂を登り坂を降り・・・・

Cimg1207 風早神社へ。武勇・航海の神さま 経津主命を祭る。毎年10月第二日曜日 明治神社とともに市の無形文化財指定 獅子舞が行われる。一度だけ見に行った事がある。今年は10月10日、また用事があって見に行けないなぁ。 七不思議⑤ 風早神社の大杉 

Cimg1212 山側の道を歩いて再び本福寺の裏側へ。高台から市街を眺める。

Cimg1215 明治神社 平成13年に放火で消失してしまった。平成15年再建。

Cimg1217 明治神社 この辺りは上本郷遺跡である。縄文前期~晩期( 6000-3000年前)の貝塚で境内には貝殻片が見られる。

Cimg1221 あぁ、やっと帰ってきたぁ。1時間20分モカとの散歩、大した運動量じゃないな。そもそも我々の年代で歩いて運動不足解消なんて思わないほうがいいな。歩くのは人間生活の最低限の活動であって運動じゃぁないからな。とは言ってもそれさえも疎かになっているのは事実で・・・結構いい運動になってしまいました。 もう少し勉強してから歩くともっと面白いだろうなぁ。

|

« 2010年9月18日BaseCamp | トップページ | 2010年9月23日ミストラル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148342/49494215

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年9月モカ散歩:

« 2010年9月18日BaseCamp | トップページ | 2010年9月23日ミストラル »